バウンダリーマイクTM-90BMのレンタル開始

TASCAM TM-90BMのバウンダリーマイクが入荷、レンタル開始しておりますPCC-160と音質的にはあまり変わりませんが、PCC-160が前後どちらも360℃音を拾うのに対してTM-90BMは前方のみの180℃集音します。そのため、音の調整はPCC-160より作りやすいかと思います。またステージなどではPCC-160とTM-90BM2本を併せて使用すると幅広く集音が可能です。

音響セットA1,A2,A3,E1のセッティングアドバイス動画アップしました。

当店の音響セットの接続が、不慣れな方には少し戸惑うことが多いようです。そこで、セッティング方法を解説した動画をアップしました。レンタルの際はご活用下さい。今後他の音響セットの動画もアップ予定です。
※5月4日(日)動画を更新しました。


音響セットA1(s)セッティングアドバイス


音響セットA2(s)セッティングアドバイス


音響セットA3(s)セッティングアドバイス


音響セットE1セッティングアドバイス
<

ステージピアノRoland RD-300NX6月よりレンタル開始

今まで楽器のレンタルは行ってこなかったのですが、音響セットレンタルと併せて電子ピアノのお問い合わせが多く、6月より正式に電子ピアノのレンタルを開始することになりました。取り急ぎ1台のみの運用となりますが、今後需要が見込まれれば、取扱機種を増やす予定です。

[取扱予定機材] Roland RD-300N (88鍵ステージピアノ)

※正式には6月より運用しますが、5月中もレンタル可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

3300lm高コントラスト比高解像度プロジェクター入荷

この度プロジェクターEPSON EB-W05がレンタル品に加わりました。このプロジェクター明るさは3,300lmあり、さらにコントラスト比が15,000:1と高く、ある程度明るい会場でもくっきり投影が可能です。また1280:800の高解像度で、小さい文字の入ったプレゼンや、細かな映像にも最適です。高機能でありながら、EPSONプロジェクター標準装備の縦横台形補正など、初めての人でも使いやすい1台です。 2泊3日以内7,000円より(音響セット同時レンタルで1,000円引き)

新年度の音響レンタル受付中!

いよいよ今年も4月。新年度がスタートします。この時期企業様からの新入社員研修や、新規事業会議等、新たに始まるプロジェクトで使用する音響機材のレンタルのお問い合わせを数多く頂きます。また学校関係でも新年度のイベントが数多くございます。レンタルのお問い合わせはお早めに!!!!

またディンカム・ジャパンでは、ご来店貸出限定でクレジットカードでのお支払いが可能になりました。カードでのお支払いを希望される場合は、見積ご依頼フォームから支払い方法で「クレジットカード払い」を選択して下さい。

新しい2.4GHz帯ピンマイクレンタル開始

XD-V55Lの貸出終了に伴い、新たにClassic Pro CWT244Sを導入しました。
取り急ぎ2セットのみの貸出ですが、今後セットを増やしていく予定です。

CWR241(レシーバー)
■送信周波数 : 2.4GHz
■周波数特性: 20-20KHz
■ 周波数安定性 : ±0.005%
■THD: > 0.1%、 @ 1 kHz
■レイテンシー: 4.0ms
■感度: -95 dBm
■SN比: 115 dB(A)
■出力レベル: -10 ~ +20 dB
■出力端子: XLR & 6.3 mm (1/4 “)
■アンテナ: 2x50 Ω (固定式)
■アダプター: 12-18V DC / 300mA
■寸法: 210x180x40mm / 750g

CWT240(ボディーパック)
■送信周波数: デジタル帯
■周波数特性: 20-20kHz
■ 送信出力: 2 mW/10 mW 切替式
■チャンネル設定: ACT SYNC(ワンタッチ設定)
■消費電力: 138 mA
■バッテリーメーター: 4段階-level green / red LED display
■駆動時間: 10時間
■電源: 充電電池(付属)
■サイズ: 63x70x25mm
■重量: 66g

CWL244 (ラベリアマイク)
■ウインドスクリーン、クリップ付属

BEHRINGER ミキサー内蔵FXについて

当店の音響セットA3, C1, C2, D1mixer1, D2mixer1, XENYX1202FX,QX1222FXのFX(マルチエフェクトプロセッサー)のプリセット番号の内容がわからない、というご意見がありましたので、プリセット表を載せておきます。番号が飛んでいるのは、番号が大きくなればFXの長さが長くなるようです。例えば20 PLATEは短め、21はPLATE少し長め、22はPLATE長めという感じです。実際、ヴォーカル用に使用するのは00から26番までです。それ以降はギターなどで使用するエフェクトなのでまず使うことはありません。当店からの貸出の場合は通常22(PLATE長め)に設定しています。